http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140705-00000010-asahi-soci
原子力規制委員会
の委員に9月に就任することが決まった
田中知(さとる)東京大工学部教授(64)が、 i320.png核燃料サイクルを担う「日本原燃」(青森県六ケ所村)原発メーカー「三菱FBRシステムズ」(東京)から、今年前半まで報酬受け取っていたことが朝日新聞の調べでわかった。
【写真】これまでに判明した田中知・東大教授への原発業界からの資金提供

 田中教授は取材に答えなかったが、両社は報酬の支払いを認めた

 原発の安全規制を担う機関の委員候補が、規制を受ける側の原子力事業者の役職に就き、報酬を得ていた。東京電力福島第一原発事故の後も毎年受け続けていた。

 朝日新聞が東大に情報開示請求して得た「併任・兼業簿」や両社への取材によると、田中教授は2007年7月から今年6月まで三菱FBR社で「アドバイザリー・コミッティー」を務め、09年5月から今年3月まで日本原燃の「ガラス固化技術研究評価委員会」で委員長をしていた。

このノートのライターが設定した関連知恵ノート

  • 【原子力行政の限界】石原伸晃環境相「最後は金目でしょ」【東京新聞】
  • スイス政府の脱原発戦略、「エネルギー戦略2050」を発表。
  • 「脱原発」のドイツが目指す次世代エネルギー生産方式 ”Power - to- gas"
  • 【子供の内部被曝について】 ウクライナ政府報告書と国連科学委員会の違い。